戦艦帝国 攻略日記

Home > ブログ > 戦艦帝国・クイズ > クイズの記録16/09/02(分速600発のマキシム機関銃、1989年に90式戦車が定型化、戦車が初めて使われたソンムの戦い、ほか)

クイズの記録16/09/02(分速600発のマキシム機関銃、1989年に90式戦車が定型化、戦車が初めて使われたソンムの戦い、ほか)

9月2日はクイズに参加。

18問正解・162得点・順位5位・101万金貨獲得でした。
(5位の場合、クイズ順位ボーナスは17万金貨でした。)




このブログで何度も書いている問題は省略します。

<正解した問題>

Q:マキシム機関銃の発射速度は分速何発でしょうか?
A:600発

(初の現代的な全自動的機関銃で、テストで1分間に600発、平均で0.1秒で1発発射できることを示している。)

Q:カンナエの戦いにおけるカルタゴ軍の指導者は誰でしょうか?
A:ハンニバル

Q:第二次世界大戦中、太平洋で繰り広げられた最も熾烈な戦いは次のうちどれでしょうか?
<選択肢:ミッドウェー海戦・珊瑚礁海戦・沖縄戦>
A:沖縄戦

Q:第一次世界大戦におけるマズーリ湖の戦いでドイツ軍の戦況はどうだったのでしょうか?
A:全勝

Q:1940年7月、ヒトラーが策定した海からイギリスに侵入する計画は何と呼ばれたのでしょうか?
A:アシカ作戦

Q:帝政ロシアに「ネルチンスク条約」を調印させた戦いはどの戦いでしょう?
A:ヤクサの戦い

Q:日本が開発した90式主力戦車が定型化されたのは何年でしょうか?
A:1989年

(正式に陸上自衛隊の戦車として認められたのは1990年ですが、「定型化」されたのは1989年ということのようです。)

Q:第一次世界大戦が勃発した当初、どれくらいの戦線があったのでしょうか?
A:3本

Q:先に勃発した戦争は次のうちどれでしょうか?
<選択肢:エル.アラメインの戦い・クルスクの戦い・マルヌ会戦>
A:マルヌ会戦

(エル.アラメインの戦いは第二次世界大戦においてアフリカ戦線でドイツ軍が劣勢に陥ったターニングポイントの戦い、クルスクの戦いは第二次世界大戦においてソ連のクルスクにおいて行われた「史上最大の戦車戦」。マルヌ会戦は第一次世界大戦の戦い。)

<誤答した問題の答え調べ>
Q:戦車が初めて実践に使われたのはどの戦いでしょうか?
<選択肢:クルスクの戦い・ポーランド侵攻・ソンムの戦い>
A:ソンムの戦い

(第一次世界大戦の最大の戦いである1916年のソンムの戦いでは、イギリス・フランス連合軍とドイツ軍が戦い、イギリス軍が初めて戦車を投入した。)

Q:1814年、退位を余儀なくされたナポレオンはどの島に追放されたのでしょうか?
A:エルバ島




0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP