戦艦帝国 攻略日記

Home > ブログ > 戦艦帝国・陣形 > 陣形の記録16/08/06 改大和と不知火の使い方

陣形の記録16/08/06 改大和と不知火の使い方

前回の陣形の記録以降に、改大和と不知火が手に入ったので陣形を変えています。



現在の私の所有艦船は以下の12艘です。

ヨークタウン(オレンジ・改造+1)
イラストリアス(オレンジ・改造+1)
ネルソン(オレンジ・改造+1)
ビスマルク(オレンジ・改造+1)
不知火(オレンジ・無改造)
改大和(オレンジ・無改造)
長門(オレンジ・無改造)
シャルンホルスト(オレンジ・無改造)
ペンシルバニア(紫・改造+4)・・・旗艦
飛鷹(紫・改造+4)
ザイドリッツ(紫・改造+4)
インペラトリッツァ.マリーヤ(紫改造+3)

この中で、紫艦4艘と、オレンジ艦で改造+1になった4艘は陣容入り確定、無改造の4艘のうち素の実力が高い改大和と不知火の2艘を陣容入りさせ、長門とシャルンホルストは陣容入りせずに埠頭で寝ています。

この長門とシャルンホルストを除いた10艘でしばらく戦います。

陣形は対人戦は相手によって変えるのですが、効果検証をしやすくするために、エリート戦役などの際に使う基本とする陣形を決めます。


まずしばらく使ってわかったのですが、無改造のため、紫艦や改造+1のオレンジ艦と比べて数値は低いのですが、改大和の一般技能(通常の攻撃)である前列攻撃は非常に活躍します。

1艘あたりへの攻撃力は紫艦や改造+1のオレンジ艦よりだいぶ弱いのですが、4艘に攻撃したときなどはその合計のダメージは他の艦よりも大きいことが多いです。

ただし、改大和無改造の難点は、いかんせん無改造なのですぐ沈むことです。

なので、改大和はスタメン後列に確定です。

では、準備艦をどれにするかと言うと、まず不知火は無改造ということもあり、他の改造+1のオレンジ艦と比べると力は劣るので準備艦入りです。

残りの改造+1のオレンジ艦ですが、攻撃力が高くて全体攻撃を持っているヨークタウンは序盤で活躍してくれると助かるのでスタメン前列、攻撃力が高くて主動技能が単体攻撃のイラストリアスは終盤で活躍してくれると助かるのでスタメン後列に確定です。

残りのビスマルク改造+1と、ネルソン改造+1のどちらを準備艦にするかですが、ネルソンは主動技能が単体攻撃なので、できれば後半で出て来てくれると助かるので、ビスマルクをスタメン、ネルソンを準備艦に決定です。

準備艦のシャルンホルストは主動技能がランダム4艘攻撃、ネルソンは単体攻撃なので、できればネルソンのほうが後から出て来てほしいので、準備艦1がシャルンホルスト、準備艦2がネルソンとします。

スタメンは、後列は旗艦のペンシルバニアと、上述のイラストリアスと改大和で決定です。

前列は上述のヨークタウンに加え、同じく主動技能が全体攻撃の飛鷹も前列で決定。

残りのザイドリッツ、ビスマルク、インペラトリッツァ.マリーヤを見ると、ビスマルクとインペラトリッツァ.マリーヤは攻撃力とHPのバランスが比較的よいのですが、ザイドリッツは攻撃力が高くてHPが低いですので、後列の残りの1艘はザイドリッツとし、ビスマルクとインペラトリッツァ.マリーヤは空いている前列に入れます。

あとは並び順ですが、早い段階で全体攻撃に期待したい飛鷹とヨークタウンのうち、より攻撃力が強くてエリート戦役などでどちらかというとなるべく後半まで残ってほしい飛鷹が1号、ヨークタウンを2号とします。

インペラトリッツァ.マリーヤは主動技能が縦2艘攻撃なので、エリート戦役の序盤で敵旗艦を攻撃してくれるよう4号、消去法でビスマルクは3号とします。

後列は、エリート戦役などでなるべく最後の方まで残ってほしいイラストリアスを5号、旗艦のペンシルバニアを6号、次に攻撃力の高いザイドリッツを7号、改大和が消去法で8号とします。

こうして、私の基本とする陣形は

1号:飛鷹
(序盤の全体攻撃に期待、攻撃力が高いので前列でエリート戦役の敵旗艦から最も遠い場所へ)
2号:ヨークタウン
(同じく序盤の全体攻撃に期待、飛鷹+4より弱いので2号で)
3号:ビスマルク
(攻撃とHPのバランスがよいので消去法でここに)
4号:インペラトリッツァ.マリーヤ
(縦一列攻撃でエリート戦役の敵旗艦を狙う)
5号:イラストリアス
(攻撃力が高く主動技能が単体攻撃なので、エリート戦役では6号の旗艦と一緒に最後まで攻撃に参加してほしい)
6号:ペンシルバニア
(エリート戦役の敵旗艦からなるべく遠くへ、最後の方まで残ってもらってかわしを効かせたい)
7号:ザイドリッツ
(攻撃力が高いので、これも終盤まで攻撃に参加してもらいたい)
8号:改大和
(沈みやすいが、一般技能の前列攻撃が聞くので後列に)
準備艦:ネルソン、不知火

としています。

特に改大和と不知火は最近手に入ったばかりなので、これから使い方を検証して行くことが必要になると思われます。

なお、もちろん、対人戦などはしょっちゅう配置を変えます。


そして、今後の陣容変更の展望ですが、シャルンホルストの破片が27/30ほど、長門の破片が24/30ほど集まっているので、これが30枚集まって図面が完成したらそのタイミングで不知火と交換になると思われます。

オレンジ艦で強化できそうなのは、ヨークタウンは図面が1枚あるのですが戦役で断片が手に入るところまで行っていないので、エーススパイ令で手に入ったら+2改造できるでしょう。

イラストリアスの破片は相変わらずよいスピードで集まっているのですが、まだ8枚ですので、次のスパイ派遣イベントで1枚、太平洋大海戦のボーナスポイント交換で1枚集まって+2改造になるほうが先かと思われます。

紫艦はまもなくインペラトリッツァ.マリーヤが+4になるので、その後はペンシルバニアを+5に向けて改造して行きます。




0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP