戦艦帝国 攻略日記

Home > ブログ > 戦艦帝国・開発 > 開発は、複雑で必要アイテムが多く、より戦略的な強化が求められる ー戦艦帝国攻略日記17/05/21(ゲーム開始約13ケ月) プレイヤーレベル123・戦力885,646ー

開発は、複雑で必要アイテムが多く、より戦略的な強化が求められる ー戦艦帝国攻略日記17/05/21(ゲーム開始約13ケ月) プレイヤーレベル123・戦力885,646ー

2016年4月下旬に初めて戦艦帝国をダウンロードしてゲーム開始しているので、ゲーム開始約13ケ月です。
プレイヤーレベル・戦力は翌朝の時点での数字です。




当ブログ「戦艦帝国 攻略日記」の内容を再編集し、更に大幅に内容を加筆した電子書籍戦艦帝国攻略BOOKが発売になりました。







<ログイン履歴>

1.朝8時頃:
・油田防衛リセット・掃討・挑戦:ウェーブ101クリアならず
・ダイヤ受け取り、金貨補給、軍費寄付、戦艦訓練
・海賊の財宝、太平洋輸送航路
・低級スパイ、低級リクルート
・アリーナポイント交換:天賦ポイント、精密機器、シルバー勲章パック
・四海の覇者
・期間限定イベント:限定戦艦(ミッドウェー)受け取りのみ、幽霊船宝探し(モンタナ)受け取りのみ、ダイヤ補償不参加
・王者争覇戦、第七艦隊に挑戦

2.午前
・太平洋輸送航路
・クイズに挑戦
・軍団ボス戦

3.昼
・原油65ポイント獲得
・エリート戦役

4.夕方
・エリート戦役
・勲章探索

5.夜(1)
・原油65ポイント獲得
・ノーマル戦役

6.夜(2)
・原油65ポイント獲得
・ノーマル戦役
・太平洋大海戦
・アリーナ挑戦

・これまで艦船を強くするシステムとして艦長、勲章、開発の順番で機能が開放されてきましたが、パーツ、艦長、勲章と比べても特に複雑な仕様になっているのが開発です。

・オレンジ、紫、青、緑のアイテムがある
・同じ種類のアイテムでも更に国籍別にいくつかの種類がある
・戦役やイベントでアイテム、またはアイテムの破片が手に入る
・改造、レベルアップで強くできる
・改造に必要なポイント(開発点)は分解で手に入る
・特別なアイテム(アルミリチウム合金)で改造してオレンジより上の赤化できる

という点はパーツや艦長や勲章と同じですが、それ以外にいくつか更に複雑な設定があります。

まず、改造については色ごとに改造できる段階が異なっていて、オレンジは+5まで改造できますが、紫は+4、青は+3、緑は+2までしか改造できません。

更に、強化に必要なのは金貨だけでなく、改造には開発点が、レベルアップには開発原料が必要です。

更に、艦船と同じように訓練することができ、ここでは追加ダメージが上げられ、金貨で強化訓練、ダイヤでSP訓練もできるのですが、この際に訓練装置が必要です。

これらのように強化に様々なアイテムを集めなければならず、複雑になっているのが開発ですが、アイテムを手に入れる場所も多くなっているのが開発です。

破片は戦役でも手に入るようになっていますが、四海の覇者という開発アイテムを手に入れるイベントに加えて、開発アイテムが手に入る開発宝箱と開発の鍵がそれぞれ特級と高級で用意されていて、ショップで購入することが出来ます。

開発アイテムはショップだけでなく、四海の覇者の中にある開発ショップでも手に入れることができます。

四海の覇者は同じサーバーの同じくらいの戦力の相手と戦い、勝つと開発アイテムや開発ショップで使える開発コインがもらえます。

そして、これらのようにアイテムの入手がただ複雑なだけでなく、効率的に強化するためには戦略的に考えることが必要なのも開発機能の特徴です。

四海の覇者はサーバーの中でもトップクラスに強いプレイヤーであれば完全制覇である15勝を1日複数回達成できますが、私くらいだと毎日3〜5勝くらいしかできず、開発コインは1ケ月で1000コインちょっとくらいしか溜まらないため、どれくらいの期間をかけて開発コインを貯め、開発ショップではどのアイテムを狙うのかの戦略を立てることが求められます。

更に、艦長、パーツ、勲章にはない開発の特徴として、オレンジと紫のJ系、G系、U系という名称がつく開発アイテムは揃えて装備することで追加属性がつくという点です。

例えば、J系とつくオレンジのアイテム(J系94式高射装置、J系九八式高射機関砲、J系スキッド、J系最先端防魚雷システム)を1つの艦に複数つけると、2個装備で命中が+3%、3個装備で速度が+100、4個装備で痛恨の一撃が+8%付加されます。

これらを加味して、重課金者でなければ戦略的に狙いを定めて育てる楽しさがあるのが開発だと言えます。

当ブログ「戦艦帝国 攻略日記」の内容を再編集し、更に大幅に内容を加筆した電子書籍戦艦帝国攻略BOOKが発売になりました。


ブログの更新情報・修正情報はTwitterで発信しています。
神谷奏六Twitter




0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP