戦艦帝国 攻略日記

Home > ブログ > 戦艦帝国・クイズ > クイズの記録16/07/26(バルバロッサ作戦、ロンメルの死因、フランス製戦闘機ミラージュ2000、北軍少将グラント、東部戦線を指揮したヒンデンブルクなど)

クイズの記録16/07/26(バルバロッサ作戦、ロンメルの死因、フランス製戦闘機ミラージュ2000、北軍少将グラント、東部戦線を指揮したヒンデンブルクなど)

7月26日はクイズに参加。9問正解・72得点で62位、32万ほど金貨獲得しました。

<正解した問題>
Q:第二次世界大戦における「バルバロッサ作戦」とは何を指しているのでしょう?
A:ドイツのソ連への進撃

(ドイツ軍によるソ連への奇襲、神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ1世のあだ名「バルバロッサ」にあやかって命名)


Q:第一次世界大戦中、協商国に加盟していないのは次のうちどれでしょう?
(選択肢:フランス・ロシア・ドイツ)
A:ドイツ

(協商国はドイツ、オーストリア、オスマン帝国、ブルガリア帝国と戦ったフランス、ロシア、イギリス、イタリア、日本、アメリカなどの連合国のこと)


Q:「砂漠のキツネ」ロンメルの死因は何だったのでしょう?
A:服毒自殺

(ロンメルは北アフリカ撤退後、北フランスノルマンディーに送られ、カナダ空軍の銃撃を受けて療養中、ヒトラー暗殺への関与を疑われ、服毒自殺)


Q:第二次世界大戦のときのドイツは第○帝国と呼ばれたのでしょうか?
A:第三帝国

(神聖ローマ帝国が第一帝国、ビスマルクのドイツ帝国が第二帝国、1918年の第一次大戦の敗北とともに生まれたのがヴァイマル(ワイマール)共和制を経て、ナチス・ドイツが第三帝国)


Q:ワーテルローの戦いでナポレオンを打ち負かした反フランス連合軍の司令官は誰でしょう?
A:ウェリントン将軍

(ワーテルローの戦いは1815年のナポレオン戦争の最後の戦い、初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーを「ウェリントン将軍」と呼んでいるものと思われる)


Q:ウエストポイント史上最年少の校長は誰でしょう?
A:マッカーサー


Q:ミラージュ2000はどの国が開発したものでしょう?
A:フランス

(ミラージュ2000はフランスが1983年に実用化した第四世代の戦闘機)


Q:アメリカ内戦のターニングポイントともいえるビックスバーグの戦いで、北方軍の司令官を務めていたのは誰でしょう?
A:グラント

(北軍の指揮官グラント少将が要塞都市ビックスバーグを包囲し南軍が降伏、南北戦争の転回点の一つとされる)


Q:第二次大戦中、米英軍とソ連軍はどこで合流したのでしょうか?
A:エルベ川


<誤答した問題の答え調べ>
Q:第一次世界大戦中、ドイツのヒンデンブルク元帥はどの戦線を指揮していたのでしょうか?
A:東部戦線

(ルーデンドルフ少将が実質の指揮官だが、勤続年数が足りないので、勤続年数が長くて東部戦線の近くに住んでいる理由でヒンデンブルクが軍司令官になるという形式をとった)


Q:第一次世界大戦でイギリスにダーダネルス海峡への遠征を強く求めたのは誰でしょうか?
A:チャーチル

(チャーチルは第一次大戦中は海軍大臣としてオスマントルコのダーダネルス海峡への侵攻を提言、第二次大戦中は首相を務めた)


Q:ジュネーヴ諸条約が発行されたのは何年でしょうか?
A:1949年

(文民の保護を目的に、第二次大戦後の慣行を取り入れて終戦から4年後に立法)


Q:第一次世界大戦が始まったあと、ドイツが真っ先に進撃した地区はどこでしょう?
A:ベルギー


Q:ヒトラーが自殺したあとの帝国連邦大統領は誰でしょう?
A:デーニッツ

(ヒトラーの遺書により大統領に就任)


Q:史上最大規模の戦車戦が繰り広げられたのはどの戦いでしょうか?
A:クルスクの戦い


Q:第一次世界大戦の時のアメリカ大統領は誰でしょう?
A:ウィルソン

(1913年から1921年までの2期8年)




0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP